京都から引き上げ湯葉、汲み上げ湯葉など専門店の手作りゆばをお取り寄せ。業務用の湯葉も全国配送します。

おからには、イソフラボンが豊富に含まれている胚芽が
たくさん残っています。おから茶は体にも良いし、おから
の有意義な利用法のひとつではないでしょうか。
  ゆばんざい こ豆や は、上田湯葉店がプロデュースする湯葉料理のお店です。                                           こ豆やのページへ
こ豆やのロゴ

おから茶の作り方

おからは体に良いとわかっていてもなかなか続けて食べられないもの。
でも、おから茶なら無理なく毎日おからの栄養分を採ることができます。
おから茶は手間と時間をかければ簡単に作れます。
当店では湯葉のおからを無料で差し上げておりますので、一度挑戦してみてください。

 
ざるに大豆 1 湯葉は、大豆に含まれる栄養分が凝縮したもの。一級品の大豆でなければおいしい湯葉はできません。必然的におからも一級品です。
良質な大豆から
     
出来立ての生おから 2 おからには、イソフラボンをはじめ、大豆の栄養分がたっぷり含まれている胚芽や食物繊維がたくさん残っています。
色がきれいです
     
乾燥したおから 3 まずは、おからの水分を取ります。ご家庭では電子レンジを利用されると作業がはかどります。
水分をとばす
     
おから焙煎へ 4 程よく乾燥したおからを煎ります。最初は強火で、徐々に火力を弱めていきます。
焙煎開始
     
焙煎中のおから 5 完全に乾燥したおからの状態からは約15分ほどで焙煎完了。(ただし生おからから乾燥おからにするのに1時間近くかかります。)
焦げないように注意
     
おから茶を冷ます 6 香ばしい匂いがしてきます。コーヒー色になったおから茶を冷まします。かなり熱いので、ステンレス等の容器を使用してください。
とてもいい匂い
     
しばらく冷ます 7 焦げができてしまった場合は取り除きます。まれに発火することもあるので要注意!十分冷えたら密封して冷暗所に保管しておきます。
よく冷ます
     
おから茶のできあがり 8 所要時間は1時間から1時間半位。時間がない場合は当サイトでの購入も可能ですのでご利用ください。
できあがり
     
 
 
 
 

個人情報の取扱いについて
特定商取引法に関する表示

spacerページのトップへspacerホームへ戻る