京都から引き上げ湯葉、汲み上げ湯葉など専門店の手作りゆばをお取り寄せ。業務用の湯葉も全国配送します。

 

ゆばんざい こ豆や は、(有)上田湯葉店 がプロデュースする湯葉料理のお店です。                                     (有)上田湯葉店のページへ

上田湯葉店バナー


京の生ゆば・毛筆

こ豆や錦店バナー
お店の様子 お昼のおもてなし 夜のおもてなし こ豆や錦店・付近の様子
spacer
こ豆や錦店周辺地図
 
錦市場

「京の台所」と呼ばれ、京都ならではのありとあらゆる食材が揃う市場です。全長は390m、東西に延びる錦小路通りの寺町通りから高倉通りの間に、京野菜や鮮魚、総菜などを扱う約130店が軒を連ねています。3mそこそこの道幅しかなく、朝は調理人の仕入れで混雑しています。

街名の由来は諸説ありますが、もとは具足を売る店が並んでいて「具足小路」と呼ばれていましたが、時の天皇の宣旨により四条の南に綾小路と一対となるよう「錦小路」と改められたというのが通説です。

 
六角堂

烏丸六角の交差点を東に入ったところに六角堂と呼ばれる頂法寺があります。聖徳太子が創建したという寺で、「六角さん」の名称で、京の町の人々に親しまれてきました。境内正面に六角形をした本堂があり、西国三十三ヵ所第18番札所になっています。京都の中心を示すといわれる「へそ石」があり、昔からここが京都の真ん中と言われてきました。境内東北隅には聖徳太子を祀った太子堂があり、2才の頃の南無仏像が安置されています。この地は、太子沐浴の池の跡ともいわれ、池のほとりに小野妹子を始祖とする住持の寺坊があったところから「池坊」と呼ばれ、華道家元・池坊の執行によって活け花が完成されました。六角堂は活け花発祥の地です。拝観は無料です。

 
 
 
 

個人情報の取扱いについて
特定商取引法に関する表示

spacerこのページのトップへspacerホームへ戻るspacerこ豆やトップへ戻る